2013年 展覧会ベスト3

1位 アンドレアス・グルスキー 展

緻密でいて壮大、人工と自然が共存。
開催会場によって、異なる印象を受けると思われます。
大いに刺激を受けました。大阪会場でも観てみたいです。

2位 ル・コルビュジエと20世紀美術 展

建築家ル・コルビュジエの抽象画はピカソと同等の名画。
引き出しの多さに驚嘆しました。
しかも西洋美の常設会場での開催。
第二、第四土曜日は常設展無料なのも嬉しかったです。

3位 モローとルオー 聖なるものの継承と変容 展

あまり観る機会の無いモローの妖しく幽玄な作品、
モローとルオーの師弟関係など、着目点が多い展覧会でした。
[PR]

# by greenagain8 | 2013-12-31 08:00